エナジードリンクでリフレッシュ|作業効率を上げる

レディー

悪玉と善玉の役割分担

サプリメント

コレステロールと聞くと、肥満や生活習慣病の原因というイメージがあります。確かに、コレステロールが体の中に増えすぎると、病気になります。しかし、コレステロールには二種類あって、全部悪い働きをするわけではないのです。一般的に体に悪いといわれているのは悪玉コレステロールです。血液中をめぐって体中に行き渡るのですが、増えすぎると、流れずに血液中に残る場合があります。血液中に残った悪玉コレステロールは、血管に染みこみ酸化していきます。この現象が原因となって動脈硬化などを発症するのです。また、悪玉とは別に、善玉コレステロールがあります。善玉コレステロールは、体内に残っているコレステロールを回収する働きがあります。回収されたコレステロールは肝臓に運ばれ、ホルモンなどを生成するために活用されます。要らない分は、肝臓の働きによって体外に排出されます。このように、コレステロールは体を健康にするために働いている場合もあるのです。
コレステロールは、ほとんどが体の中で生成され、食事から摂取する量は全体の約三割程です。通常は、体の機能によって、摂り過ぎた分と均等をはかろうとします。しかし、極端に多く脂肪分をとると、コレステロールをコントロールする作用が上手く働かずに、血液中に残ってしまうのです。コレステロールの働きを理解するように心がけるべきです。暴飲暴食を止めたり、禁煙をしたり、運動不足を解消するなどして、コレステロールの働きを助けてあげましょう。